ABOUT
三共土地建物について

会長・社長あいさつ

幸せな住まいづくりのお手伝いに励んで60年

会長 南阪本 一三

おかげさまで、このたび弊社は創業60年目を迎えます。これもひとえに、多くの皆さまのご支援と、社員、家族の温かい協力のお陰と深く感謝し、御礼申し上げます。

弊社は、日本の風土に最も適した工法・技術にこだわり、“長期優良住宅”をご提供し続けてまいりました。設計から施工、アフターフォローまで一貫したサービスで、末長く安心をお届けさせていただいております。

道徳と経済は一体であるとの教えのもと、三方よしの経営を展開し、社員、協力業者、施主さまの安心と幸福、そして社会貢献を目指し、日々の業務の中で品性向上に取り組んでいます。

先代から引き継いで28年間、社長を務めてまいりましたが、令和2年1月にその席を譲り、会長に就任しました。今後は道経一体思想を後進に引き継ぎ、無理をしない堅実経営の支援を行うとともに、施主さまの幸せな住まいづくりのお手伝いに、より一層まい進してまいります。今後ともよろしくお願い申し上げます。

代表取締役会長 南阪本 一三

時代のニーズを捉えた理想の住まいを

代表取締役社長 樫本 貞洋

現代は情報化社会であり、個人の趣味趣向も多様化しています。創立60年目を迎える弊社が永続するためには、これまでのようにお客さまからの紹介や口コミ宣伝にこだわるだけでなく、時代のニーズを捉え、そこに訴求する情報をスピーディに発信していくことも必要になってきます。

家を建てるということは、生涯に一度あるかないかの一大事です。そんな一大決心をするお客さまに弊社の存在を知っていただけないことは、大いなる損失です。そのためにも、スピーディな情報発信と営業力を強化し、「安心(永久お付き合いサポート保証)」・「安全(強度や耐久性のある家)」・「健康(快適で健康的な住い)」・「環境(森を再生させ地球環境を保つ取り組み)」に配慮したユニバーサルデザインで、お客さまからの厚い信頼を獲得してきた企業として、これからも新しいお客さまの声を聴き入れてまいりたいと思います。そして、技術の継承に今まで以上に尽力しながら、お客さまに「建ててよかった」と感じていただける一生モノの優良住宅を、共につくりあげていきたいと考えています。

代表取締役社長 樫本 貞洋

ABOUT
三共土地建物について